プロフィール

4&4K

Author:4&4K
自称『義妹愛の伝道師』を名乗る男。
敬愛するリバプールが勝たないと機嫌が悪くなる。
Jスポーツがプレミアビッグ4全試合放送してくれるので週末が楽しみ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

閲覧した人数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアVSオランダ

今日の最強カードは!!(遊戯王GX風に)

ヴィスレイ・スナイデル

【オランダ代表:MF】
長短の正確なパスを繰り出す展開力が魅力の中盤の司令塔。特にロング、ミドルレンジの浮き球のパスの正確性は目を見張るものがある。攻撃的なCHを最も得意とするが、組み立てに特化した4-3-3の中盤の底、4-4-2の左右のSHでのプレーも可能とする。SHでプレーをする場合直線的なスピードに欠けるため縦への突破は期待できないが正確なクロスからゴールを演出することができる。
(wikiより)



優勝候補に一番多くの名が載るイタリア(ドイツW杯優勝)を完膚なきまでに叩き潰しましたね。
確かに一点目はオフサイドっぽいですけど…個人的にはコート外にイタリアの選手が倒れていたのでオフサイドじゃなくていい気もします。
だってあれ、明らかに試合止めるのが目的の転倒ですし、しかもブッフォン(味方)とぶつかって倒れたわけですから。
同じように吹っ飛ばされていたカイトがすぐ戻ったので戻れないわけはないですし。

さて、死のC組(毎回死の○組ってありますが)は本当に凄いですね。
イタリア、フランス、オランダ、ルーマニア(は少し落ちるか)…W杯ベスト16の常連組です。
そんな中で地上波TBSが選んだのがイタリアとオランダの一戦。

スナイデルは文句言われようのない二点目を決めてアシストも決めてその日たまたま誕生日で思い出に残る試合になったでしょう。
本人は「自分のシュートはサッカースクールで教えるべき」と申しておりますが、あんなアクション映画みたいなシュートは子供に教えてはいけないと思います(笑

個人的にはカイトの活躍も凄かった…2アシストでずっと走って、まあ痛いパスミスが一度ありましたけどそれを帳消しにしてお釣りが来る活躍は出来たでしょう。
一点目が入る前のスルーパスは、ニステルローイが決めていれば3アシストでMOMだったかもしれませんね。
・・・誰がMOMになったか知らないですがスナイデルでしょう。



さて、前回の記事で僕が優勝候補に挙げていたのがオランダです。
後輩は「いや、今季のイタリアは強いですよ」とオランダ優勝を否定していましたが…
ハハハ見たか!!

本当オランダ来ちゃうよ!?来ちゃうよ!?
スポンサーサイト

<< オランダの強さ | ホーム | ナイキのCM >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。